MTBI、軽度外傷性脳損傷

MTBI、軽度外傷性脳損傷

[記事公開日]
[最終更新日]

MTBI軽度外傷性脳損傷とは、比較的軽い頭部に対する外傷によって記憶力・判断力・集中力・行動力の低下、不機嫌・暴力的・幼稚的になる、被害妄想などの人格変化がおこるものです。CTやMRIでの画像所見が得られない場合や受傷時の意識不明が短時間であっても、高次脳機能障害として扱われるものです。

ところで、自賠責保険で高次脳機能障害と認定されるには、

1、CTやMRIで脳に異常所見が見られる事
2、受傷時に長時間の意識不明が生じている事
3、人格に変化が生じた事

という条件が必要でした。

しかし、後遺障害認定基準の改定によって、MTBI軽度外傷性脳損傷)においても、高次脳機能障害として等級が認定される事が出てきました。つまり、今まで交通事故によって脳に障害を負ってしまい、高次脳機能障害と取り扱いがなされる為の条件である画像所見や意識不明という必須であったその条件が緩和されたという事です。

これはおそらく、平成22年9月に裁判で画像所見がないMTBI、軽度外傷性脳損傷が認定された事を考慮して、自賠責においても高次脳機能障害の認定基準を変えなければならないという考えに基づいた改定だと思われます。

軽度外傷性脳損傷の後遺障害への道

交通事故で負った軽度外傷性脳損傷の後遺障害については平成23年4月から運用の認定基準となります。したがって、現段階では実務で得る情報もまだ少ないので、しばらく経過してから記載する事にします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ

関連キーワード:

この記事「MTBI、軽度外傷性脳損傷」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • ハニークリーム
    • 2015年 8月 29日

    脳に血腫が出来申請時期より悪化している状態になった場合、そして、申請結果がまだ出ていない場合、どうしたら良いでしょうか?また、逸失利益が貰えるようにするには、どうしたら良いでしょうか?

    • >申請結果がまだ出ていない場合、どうしたら良いでしょうか?

      結果が出てから改めて後遺障害の申請を行う事になります。

      >逸失利益が貰えるようにするには、どうしたら良いでしょうか?

      逸失利益を得るためには後遺障害の等級が認定される必要がありますので、まずは後遺障害の等級を得てください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 肩鎖関節脱臼での鳥口鎖骨靭帯断裂や肩鎖靭帯断裂について…
  2. 被害者請求について。後遺障害の申請は任意保険の事前認定ではなく自ら被害者請求で申請を行う被害者請求に…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


MTBI、軽度外傷性脳損傷のTOPに戻る