鎖骨骨折で後遺障害と認定されるには手術やリハビリ治療などを行っても後遺症が残ったという事実の立証が重要

鎖骨骨折

[記事公開日]
[最終更新日]

鎖骨骨折の治療法は2種類です。手術か固定(保存治療)となります。交通事故で鎖骨を骨折することは多いので、ここでは鎖骨骨折となった場合の後遺障害について簡単に説明します。
鎖骨の骨折

鎖骨骨折の治療方法

1、手術とは、キルシュナー鋼線を使用した鋼線締結法が一般的でプレートで固定する治療法もあります。この場合は、一般的に入院の必要はありません。リハビリを順調にこなせば予後も良好な場合が多いです。

そして、交通事故の後遺障害という事を考えると、手術をすると体幹骨の変形 第12級の5にはならないというのがあります。ただし、後遺障害の等級が絶対に取れないという事(非該当)ではありません。ただ、手術をすると、手術痕が残るがそれは後遺障害とならないというデメリットがあります。

2、固定(保存療法)とは、鎖骨バンドで2ヶ月程度の外固定を行いますが、バンドギプス固定が行われる事もあります。いずれも2ヶ月程度の 治療ですが、合併症として偽関節や髄液炎が稀に見られます。後遺障害の等級としては12級が見込めます。

スポーツ外傷などでも鎖骨骨折は多く、骨折として比較的メジャー部位ですが、鎖骨は、体と腕をつなぐ大切な骨です。上から見るとs字を描くように曲がっているのですが、最初のカーブ(肩から3分の1くらいのところ)が一番弱く折れやすい部位で、9割の鎖骨の骨折がこの部位です。しかしきちんと処置とリハビリを行えば回復も良好で、手術をしない場合でも骨癒合は良好に得られるものです。

手術にしても固定にしても、交通事故賠償を考える上では、ケースバイケースでリハビリが必要になる場合があります。

鎖骨骨折の後遺障害への戦略

鎖骨骨折で手術をした場合は、鎖骨の骨癒合が完璧な場合が多いので後遺障害となりません。認定が取れないとは言っても、第12級5号(長官骨の変形)にはならないだけで、後遺障害の等級が取れないという事ではありません。まずは14級、可能性は低いですが12級・10級場合によっては併合9級の可能性は残されています。

ただ、手術を行わない鎖骨骨折は、変形癒合の場合が多く、鎖骨骨折=後遺障害(12級の5)を基本と考えて、その上には併合11級が考えられます。むろん合併症として偽関節、髄液炎となった場合には、その治療経過によって7級となる可能性もあります。

鎖骨骨折の後遺障害の認定は手術をしたか、しないかで決まるのですか?」なんて質問をされた事がありますが、どこでこのような誤解が発生してしまったのでしょうか。鎖骨の骨折で手術をして骨の変形癒合が見られない場合には、12級の5ではなく、前もって骨の変形にこだわらない違う等級にアプローチを変える必要があります。そして、症状が残存すれば等級認定に至ります。

逆に言えば、鎖骨骨折の後に手術をしないでいても、後遺障害が認定されず「非該当」という通知が来ることがあります。そこで、改めて異議申し立てを行って12級を取りに行くことになりますが、できれば初回の申請で適正な等級を取りたいものです。

また、鎖骨の裏には、重要な血管や神経の束があります。たとえば、頸椎の5~8番、胸椎の1番の神経などは鎖骨を通っていますが、これらを傷つけることが稀に発生します。12級の5の場合でも、合わせ技で等級が上がる可能性もありますので油断は大敵です。(鎖骨骨折でも後遺障害非該当は実際に存在しているので油断できません)

なお、鎖骨骨折で腕や手に痺れや感覚麻痺が発生した場合は、腕神経叢の損傷を疑いその特定のため電気生理学的検査や神経学的検査を行い治療や後遺障害での立証に尽くすことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ

関連キーワード:

この記事「鎖骨骨折」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • 教えて下さい
    • 2018年 8月 15日

    昨年の12月にバイクで自損転倒しました。その際に右肩鎖骨の骨折をしてしまいました。
    自損なので自らの任意保険の搭乗者傷害が対象となります。
    4つほどの骨片に分かれた骨折でしたが、休日の整形外科による診断では保存療法で十分との事でした。
    クラビクルバンドの使い方を含む説明時間も余りにも短時間の上、料金も高めに感じましたので翌々日に別の医院を受診しました。
    結果的には前医師の見立てをそのまま認める形で、やはり保存療法で良い、との事でした。但し料金は初回の医師の三分の一の料金でした。
    年末に痛み止めを貰いに再度初回の医院に行ったところ突然当日の内に別の病院での手術を含めた見立てを受けて貰う、との事で紹介状を
    渡されて別の病院に行く羽目になりました。
    手術前提で急に話が進んでいったので反対に不安になり、仕事の段取りも手術をしない説明の前提で段取りをしていたので無理なことを
    話したところ、別病院の若い医師は時間は掛かるかも知れないが保存療法でも良いと思うとの事で納得しました。

    痛みもあり、更に骨癒合が進んでいないと感じたので接骨院で超音波を使用した治療を受けて複数骨片の癒合は何とか方向性が見えます。
    問題は幾つかありますが、12月事故から8か月経過した時点の現状では痛みや掌のむくみ・しびれが継続して感じられる点、癒合の形状が
    突起が出来てしまい少し飛び出してしまい動かすと痛みがある点、癒合が重なっているために右と左の太さが1.5cm近く違う点、長さも
    少し短縮しているみたいです。偽関節かどうか分かりませんが、動かすと鎖骨からパキッパキッという音がして痛みます。レントゲンでは
    完全に癒合しているようにも見えませんがCTの写真では癒合しているようにも見えます。
    稼働領域は幸いあまり差はありませんが、それでも左右差は20度程度あるようです。

    • 仮に自賠責の後遺障害という制度に当てはめれば、その等級は非該当、14級、12級が考えられます。(偽関節については現時点では該当しないと思います)いずれにしても、もう少し経過の観察が必要な状況だと思います。

    • お悩みさん
    • 2015年 9月 12日

    昨年の12月に相談させていただきました。現在、後期障害等級が12級5号との判断と連絡がきました。理由として、鎖骨に著しい変形を残すものとする、でした。移植がうまくいかず鎖骨と鎖骨の間が空いたままとなっています。裸体となったとき、変形が明らかにわかる程度のもの、と書いてありました。その、等級は、妥当でしょうか。よろしくお願いします。

    • ちょっとこの場合はその12級は妥当でないことになると思います。経過を見て異議申し立てをお勧めします。

    • ちろりん
    • 2015年 6月 12日

    12月にバイク事故で右鎖骨骨折、右肋骨6本骨折しました。温存療法で様子を見ていましたが、思わしくなく偽関節で6月初めプレートを入れての手術をしました。今日抜糸をしたばかりです。自宅で超音波の治療をすることになりました。6月末に診察を受けることに決まりましたが、その間肩より上に手をあげない様に言われましたが、リハビリ運動するための通院は何も言われませんでした。必要ないのでしょうか?もし有効な運動が有ったら教えて下さい。

    • >必要ないのでしょうか?

      少なくとも6月末までは必要ないと考えられます。

      >もし有効な運動が有ったら教えて下さい。

      今は、90度以上上げない範囲での運動だと思われます。

      これらは次回の診察以降変化する可能性があります。

    • ひろさん
    • 2015年 5月 25日

    半年ほど前に鎖骨を折りました。
    気づかず、肩がこる程度に思っていて、湿布を貼りましたが、なかなか良くならないため、整形外科に行き鎖骨が折れていることが解りました。バンド固定で鎖骨は付きましたが、その後も痛い状態が続いています。
    血流を良くする薬を貰い、2月ぐらいすると直りますと言われています。
    半年たっても状況が変わりません。
    ご指導のほどお願いします。

    • 鎖骨骨折後の骨癒合状態によって対策が変わってくると思います。

    • らいおん丸
    • 2015年 4月 30日

    2015/2/24に左鎖骨骨折でプレート手術しました。怪我をしてから手術まで2週間かかり、術後今迄2ヶ月が経ちましたが、今だに痛みが酷く、リハビリも週3日行っていますが肩が90度以上上に上がらない状態です。先生に話しても「痛いのは当たり前、我慢して肩をもっと動かす様に」しか言いません。
    とにかく四六時中、夜寝ても覚めても痛いのですが、原因として何が考えられるのでしょうか?鎖骨部分の痺れも腫れも良くなっていません。46歳 女性

    • レントゲンの撮影は定期的に行っていますか?
      鎖骨もしくは手術のなんらかが神経に触れているのではないでしょうか。
      手術をした場合は後遺障害の等級が得られにくいですが、この場合は万が一の後遺障害を考えておいて方が良いです。

    • お悩みさん
    • 2014年 12月 09日

    鎖骨は、離れたままでもなんら支障はないものなのでしょうか。
    付いてなくても大丈夫なのでしょうか。
    今、そんな状態なのですが。

    • いや、ついていないと異常な可動が生じるのでよろしくないです。そこに関節が出来てしまったイメージです。

        • お悩みさん
        • 2014年 12月 12日

        ありがとうございました。実は、鎖骨が離れて骨折した為寄せてボルトで留める手術したのですが、運悪く骨が付かなく、悪い骨を取りそこに骨盤の骨を移植したのですが、運悪く留めていたプレートが折れくっ付きかけた骨も折れ、様子を見ると言われ2年たちました。一部付いていると言われていたのに、今年の8月にプレートを取る手術したのですが、
        移植した骨は無くなってその部分は空いたままです。主治医の先生は、何の問題もないし、生活するうえで何の制限もない、スノボーも問題ないと言われました。でも、素人からすると心配で不安です。確かに、今現在、日常生活に不自由はしてないのですが。お答えからするとやはり今の状態では良くないですか。よろしくお願いします。

        • 自覚する症状が無いとなると、鎖骨は安定しているものと考えられます。骨の変わりに繊維が生じて、それがバランスよく言っているものと思われます。こういった場合は、特に何もする事はありません。今の状態は結果的には良くないといえますが、その病状としては最も良い状態と言い換えることができます。

    • REBORN711
    • 2014年 10月 30日

    59歳の男性です 昨年12月に左鎖骨の左端を除去しました 人工靭帯で鎖骨が上向かないように してますが 鎖骨を一部除去した事により 左肩周辺の 痛みが とれません 手術をしてもらった病院に 痛みを訴えに 行きましたが そのうちだんだんと良くなると言われるだけです 仕事にも 毎日は行けてない状態です 何か良い方法があれば 教えて下さい

    • 術後のリハビリはきちんと行っているでしょうか。これに加えて、リハビリ前後の痛みの具合、10か月間の症状の推移から総合的に考えたほうが良いかもしれません。時には靭帯とは異なるものを見る必要もあると思われます。

    • 事故災難
    • 2014年 8月 02日

    25年3月に交通事故により鎖骨骨折でプレートで固定後今年5月に取りました。その後接骨院でリハビリ約3ヶ月間
    ずいぶん良くなりました。が 時折右鎖骨付近が特に   睡眠時時折ズキンと痛くなります。前に診察時にその事を話したら、後遺症外になるかな?と話してました。8月上旬に再検に行く予定です。 

      • 戦略法務
      • 2014年 8月 02日

      手術をすると後遺障害と認められるのが難しくなるのが一般的ですが、色々検査を行えば、その痛みの原因がわかり、等級に該当する可能性は十分あると思われます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 肩鎖関節脱臼での鳥口鎖骨靭帯断裂や肩鎖靭帯断裂について…
  2. 被害者請求について。後遺障害の申請は任意保険の事前認定ではなく自ら被害者請求で申請を行う被害者請求に…

サイトに一言

メッセージ・一言 (必須)

スパム防止のためのチェック (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


鎖骨骨折のTOPに戻る